忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 08:38 】 |
ミストウォーカー:テラバトルiOS版を遊んでみた。

ストウォーカーのテラバトルを遊んでみた。
坂口さんと植松さんのタッグは、かつてファイナルファンタジーを作っていたFFファンには馴染み深いお二人。
かく言う私も、制作に関わったメンバーを知るだけでも期待が高まる…気がする。

RPGとパズルが絶妙なバランスで盛り込まれ、簡単な操作ながら奥深い。
なかなかじっくり遊ぶ時間が取れないものの、1バトルじっくりと駒を進めるだけでも楽しい。

BGMが醸す、荘厳な雰囲気。
物語の重厚さ
を担う、キャラクター作り
シナリオ間に挟まれる挿絵とテキストが程よくそれらと絡み合い、シンプルながら飽きさせない工夫が感じさせられる。

ちなみに、スローテンポで落ち着いた雰囲気の曲は、聴覚神経の疲労緩和など耳を休ませる効果が期待出来る。
仕事終わりに一息ついて気分転換…なんて時にこのアプリは一役買うのではないだろうか、と思ってしまった。
それくらい、このゲームのBGMは耳に入れて気持ちがいい。

また、「Download Starter」と銘打たれた、このゲーム独自の取り組みが面白く興味をそそられる。
ダウンロード数に応じて、アーティスト参戦、ゲームの新モード追加、コンサート開催、本・フィギュアの制作が開始されるプロジェクトだ。
そのツリー状のDL数毎の予定イベントを見ると、どれも魅力的でDL数が増えないかなと思ってしまう。
特に、100DL以降のイベントはどれも実現して欲しい!!コンサーーーート!!との思いから、この駄文を貪っていたりする訳で。

無印からのファイナルファンタジーに慣れ親しんでいる方には、是非一度ゲームを遊んでみて欲しいと思う。



シリーズ生誕25周年を迎えた人気ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズの音楽で構成されたコンサートを映像化。『~1』から『~14』まで網羅した名曲の数々がフルオーケストラ演奏で披露された感動の公演を完全収録。

Distant Worlds music from FINAL FANTASY THE CELEBRATION [Blu-ray]










拍手[0回]

PR
【2014/10/22 03:35 】 | スマートフォン/アプリ | 有り難いご意見(0)
<<P.T. …泣き声のする部屋でギブアップ。 | ホーム | コミック:永遠の0(4)粗筋>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]